薬害エイズ事件の背景-その真実と概要-経緯と原因

公開日: : 最終更新日:2015/11/19 医療に関する記事

基本的には、薬害肝炎は薬害エイズと同じく、輸入売血を使った血液製剤を加熱せずに使用したために、エイズだけでなく、肝炎ウイルスにも感染したという話である。

血液製剤というのは、一人分の血液からはそんなにたくさんとれない物質を、多くの人(何千人分といわれる)の血液を集めて抽出して、その成分を患者さんに投与するというものだ。だから当然、きちんとした処理をして投与しないと、どんな感染が起こるかわからない。

血液というのは、さまざまなウイルスが入りやすい。だから多くの伝染病は、ウイルスで汚染された血液を、たとえば蚊が吸って、それをほかの人の血管に刺すことでうつったりする。あるいは、輸血でウイルス病がうつることも昔から知られている。

輸血肝炎というのはその代表的なものだ。だから、医療の世界では血液は「汚い」ものの代表的なものとされたから素手で触る人はいなかった。

薬害エイズ事件の時、血友病の治療に使う物質を血液製剤として使っていたのだが、その血液製剤を加熱することでエイズのウイルスが死滅することがわかり、加熱製剤が発売されてから、血液製剤による感染がとまったとされる。

薬害エイズ事件というのは

薬害肝炎の事件は、いくつかの点で薬剤エイズのときと比べて話がややこしい点がある。一つは、薬害肝炎の場合は、単なる加熱だけでは完全に感染を食い止めることができず、界面活性処理をするようになってから感染が治まったという点で、一部のものについては当時の技術について製薬会社を責めるのは酷という要素があることだ。

薬害エイズ事件というのは、加熱製剤が発売されてからも、危険な非加熱製剤の自主回収がまともに行われなかったために被害が拡大した。これが薬害エイズ事件の基本的な筋である。

一方で、薬害エイズと違って、一九七七年にはすでに感染の危険が指摘され、アメリカではフイブリノゲン製剤の承認が取り消しになっていた。外国で危ないといわれてから日本で使われた期間の長さという点では、薬害エイズよりも性質が悪いといえる。ただ、基本的な構造は、薬害エイズ事件の時と同じである。

薬害エイズ事件のような悲劇は、二度と起こしてはならない。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

主治医が見つかる方法-必ず紹介状をもらうようにする

~上手に主治医を決める方法~ 専門医にかかりたい場合も、かかりたい理由を言って、必ず紹介状をも

記事を読む

no image

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死か

記事を読む

no image

死化粧はナースが行う大事な仕事だが・・

お弁当箱よりやや大きめの箱の中には、化粧道具が入っています。人が亡くなると、体を拭いて清め、女性の場

記事を読む

no image

医者が患者の場合一つのミスもなくさなければいけない-用語集

・患者が医者 医者だって当然病気になるが、その場合の主治医の感想としては、やむにくいの一言に尽

記事を読む

no image

看護婦と医者の関係-外科はほかの科と違ってかなり密接

ベテランの看護婦に嫌われたら、医者としての生命は終わりだ。そっぽを向かれたら、医者なんて羽をもがれた

記事を読む

no image

医療事故を減らすためにはどうすればいいのか?

医療事故、医療ミスは、どれだけ医療が発達して、進化を続けても、必ず起こってしまうものです。医療ミスに

記事を読む

no image

アメリカのレジデント時代の給料おおむね日本の研修医と同じ程度だが

日本の臨床研修のシステムは昔と比べると、かなり改善されたが、アメリカと比べると、まだまだという感じは

記事を読む

no image

痔で入院した患者たちの上下関係

・入院して知った痔主たちの上下関係 成人の3人に1人がかかるという痔。なんと、虫歯に次いで日本

記事を読む

no image

無駄な医療が患者さん一人一人の負担になる疑問

心身医学療法というのは医者の持つ専門的技術が評価されているわけですので、かかる医者の技術差が医療費に

記事を読む

no image

地域枠-医学部で定員割れとなるのか

医学部入試では、地域枠に希望者は殺到するだろう。すると、センター試験もこれまで以上の高得点が必要とな

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑