ヤンキーの妊娠-子宮摘出の手術を施さなければならない事態に

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

振り乱した髪は金色に輝き、黒いTシャツに床までとどく長いジャンパースカートのいでたちは、さっきまで環七をバイクでならしていたヤンキー姉ちゃんそのもの。これは先日、子宮外妊娠で緊急入院してきたHさん、20歳の話。苦痛にゆがむ彼女の顔に眉毛はないが、まだ幼さが残る。かなりの出血があり、結局Hさんの子宮は破裂してしまった。ただちに処置をしたが、子どもは絶望的だ。それどころか癒着がひどく、残念ながら子宮摘出の手術を施さなければならない。さすがのNさんもベテランといえど、何度経験しても、この話を切り出すのはつらい。

しかし、できるだけ詳しくこの深刻な病状について説明し、Hさん夫婦に理解してもらわなければならない。子宮を取るということは、女性にとって実にツライこと。二度と子どもの産めない体になってしまうのだから。Nさんと主治医は、沈痛な面持ちで2人を診察室に呼び、説明を始めた。いわゆるインフォームド・コンセントである。残念ながら、もうお子さんは望めませんが、母体のためにはそれが一番、上見かけと違って、うつむいて神妙に聞くHさん夫婦。

Nさんも思わず目頭を熱くする

そのうちHさんはこらえ切れずに泣き出した。白いツナギの上に皮ジャンをはおった夫も、ポケットから両手を出すのも忘れて、整髪料でピカピカ光る頭を小刻みに震わせている。Nさんも思わず目頭を熱くする。すると、突然、Hさんがしゃくり上げながら、主治医に食ってかかってきた。

やめろよという夫を無視し、涙でクシャクシャの顔でHさんは叫んだ。なんでなの?先生、どうして子宮を取ると子どもができないの?は?Nさん、今までの同情心もぶっ飛び、ア然として二の句がっげない主治医にかわり、わからずやの子どもをなだめるように、子宮とはなにか解説をするハメになった。結局知っていたのは子どものつくり方までだったわけだ。あのね、子宮はね、赤ちゃんが育つお部屋なの。子宮がなくちゃ赤ちゃんがいる場所がないでしょう・・と。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

親父ギャグで爆笑するのは自分だけ

本来、上司のギャグには、たいしておかしくなくても、瞬発的に反応しないといけないのが、今や不文律です。

記事を読む

no image

医師は聴診器などを自費で購入しているらしい

白衣は医師の制服です。名刺は勤務病院の名前や肩書きを入れておきます。医者にとって聴診器は必需品です。

記事を読む

no image

大学病院の役職などの仕組み-医局の大きさはまちまち

旧国立一期の大学の付属病院だと、内科だけでも第一内科から第四内科まで医局があったり、私立だと専門の分

記事を読む

no image

トラウマとは英語で外傷という-色々な用語集

・トラウマ(trauma) トラウマとは英語でガイショー(外傷)のこと。 ・トーヤク(投

記事を読む

no image

研修後に医師が雇用してもらうには

研修後に医師が雇用してもらうには。 研修が終わった後、雇ってもらえる方法としては、後期研修という形

記事を読む

no image

医学研究の本当の意味をもう一度考え直さないといけない

たしかに研究は自由で、どういうことをやってもいいのかもしれない。しかし、これからは大学病院という公共

記事を読む

no image

医学専門誌ならではの広告

・医学専門誌ならではの広告とは どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医

記事を読む

no image

薬の種類が多いことで起こる患者への弊害

ある患者さん。不眠症の治療を除いて、まず耳鼻科から整形外科の六科に受診したとしましょう。この事態がす

記事を読む

no image

肝臓の位置を知っていますか?自分の体をよく知ろう

毎年、忘年会シーズンには、ここ何日か飲みすぎで、肝臓がキリキリ痛むんですよと、左の腹部を手でさする患

記事を読む

no image

医学博士取得にこだわる理由と肩書きへの敬意

医学博士号の審査のシステムに欠陥があることはいうまでもないという。研究論文として本当に優れたものを書

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑