痔で入院した患者たちの上下関係

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・入院して知った痔主たちの上下関係

成人の3人に1人がかかるという痔。なんと、虫歯に次いで日本人の病気の第2位の座を獲得しているのだが、場所が場所だけに、なかなか人前で口にできる病気ではない。それだけに、ひとたび同じ病気の者が集まると、一種異様ともいえる親近感が湧く。まして、同時期に入院手術する仲間となれば、もう他人とは思えない。まさに真のおシリ合い、同期の桜なのである。

今年32歳になるAさんは、新婚4カ月の筋骨たくましいナイスガイ。だが、不幸なことに突然痔になってしまった。そこで痔の手術では定評のある市中病院に入院することにした。細菌感染によって肝門の周囲に膿瘍ができる痔ろうである。進行すると危険なので、治すには手術が必要である。これが炎症を起こすと臓を出すまでひどく痛む。痔といっても、いろいろ種類がある。その3大タイトルは痔核(イボ寿)、裂肛(切れ時)、そして痔ろう(あな療)である。

入院患者に温かく迎え入れられたが

妻に合わせる顔がない、とがっかりしたAさんだったが、入院したその日から、他の入院患者に温かく迎え入れられた。術後の経過もよく、まずまずの入院生活を送っていた。そんなある日のことである。ところで、あんたは切れてたの?出てきたの?隣のベッドのY氏が、親しげに声をかけてきた。A氏はなんのことかよくわからないながらも、持の種類をきいてるのだなと思い、いえ、できたんですと答えた。と、その瞬間、周囲にサッと冷たい空気が走ったのである。

なあんだ、そっちかか、今まで好意的だった彼らの目が、急にさげすみにとなった気がした。療核患者は男女ともに全体の60%を占める。原因も、ほかの2つが便秘が主であるのに、痔ろうは下病と異なる。イボ痔の場合、トイレや正座の後はもちろん、歩いているときでさえも、脱肛を押し込まなくてはならないという、辛く苦しい経験を伴う。痔ろうは他の2つと違い、羅患する率も、せいぜい男性で全体の10%強の少数派。

入院中は毎日、Y氏を囲み、手術に至る長い忍耐期間の武勇伝に花が咲く。ところが、突然炎症を起こしたA氏は持経験も入れないなことにも上下があるのかと、一抹のさみしさを味わっなのであった。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

研究発表の真実-十年以上も前に結論が出ている現状

もう十年以上も前に結論が出ていることを、目先を変えて繰り返し発表することも行なわれている。そんな研究

記事を読む

no image

開業医師は流れ作業に追われる毎日

一般の人たちからすると、開業医というのは、何かあった時にすぐに行ける身近な医療機関としてなくてはなら

記事を読む

no image

おまかせ医療から患者さんの自己決定医療へと変換

最近、薬のシートの薬品名の箇所(俗にフチという)の記載が、アルファベットからカタカナに変わりつつあり

記事を読む

no image

学会研究会などをあまりにも作りすぎてしまった余波とその問題

自由に研究できるということを利用して、あまりにも学会や研究会を作りすぎてしまった。そのために会場費が

記事を読む

no image

採血検査のときに朝食を抜かないといけない理由

遅刻しそうでも、朝ご飯だけは欠かせないという人たちにとっては、かなりつらいことです。なかには、学生時

記事を読む

no image

死化粧はナースが行う大事な仕事だが・・

お弁当箱よりやや大きめの箱の中には、化粧道具が入っています。人が亡くなると、体を拭いて清め、女性の場

記事を読む

no image

実は開業医は家からあまり出ない出不精の人が多いらしい

実は開業医は家からあまり出ない出不精の人が多いらしい。開業医の行動半径は実は狭いらしい。 実は

記事を読む

no image

患者とのコミュニケーションのスキルの問題

今のご時勢、一方では医者より学歴の高い患者さんは、とくに都会ではたくさんいるし、インターネットを駆使

記事を読む

no image

赤レンガ病棟に入ったある人

私は左翼学生ではなかったが、同期の友人が、赤レンガは人間的な精神医学をやるところで、外来派は生物学的

記事を読む

no image

医者からもらった薬たまっていませんか?

患者さんのドクターショッピング(あちこちの医療機関や診療科を転々とすること)によって、自分の飲み薬が

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑