人体を解剖する実習

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

人体を解剖する実習だが、献体をしてくれる人に対する感謝の念や、あるいは医者としての精神を叩き込むという精神論も含めて、この実習の出席が厳しい学校は多い。医学部自体が、一学年一人程度の小さな学部のうえ、それがいくつかの班に分かれて実習を行うので、サボると簡単にばれてしまう。

その後の生理学や病理学などの実習も、ほとんどの学校で出席は厳しく、八割以上の出席を求められるだろう。通常は、最初の二年間が基礎医学といわれる解剖学や、生理学、薬理学、病理学などを学ぶ時期で、その後の一年間は臨床医学という、内科や外科や産婦人科のような、われわれがイメージする医学を学ぶことになるのだが、臨床に行くと、実習先は病院ということになる。

小さな班に分かれて、順番に実習するので、やはり簡単にサボれない。七割以上は出ないと進級させてもらえなかったり、試験を受けさせてもらえないというのが原則だもっと出席の厳しい学校もあるようだ。自分の大学病院のこともあるが、精神科などでは十分な数の患者さんを診られないということで、外の病院に行くことになったり、お産なども、それが多い別の病院に行くことは珍しくない。

実習などは夏休みに食い込むことも珍しくない

実習でも、多くの学校で、口頭試問といって、質問に答えられないと点数をもらえないことがあるが、医学部のテスト地獄は、よその学部では想像しづらいものだろう。解剖学などは覚えることがものすごく多い。実習のために、医学部は、よその学部以上に、学校に行かないといけない。臨床実習などは夏休みに食い込むことも珍しくない。しかし、それ以上に厳しいのは、ペーパーテストのほうかもしれない。

神経の名前、骨の名前など、膨大な暗記が要求される。一回のテストですむ学校もあれば、毎週のように小テストを課される学校もある。英語ラテン語まで解剖用語を覚えさせる学校もある。もちろん、よその学部と比べて、平気で留年や落第をさせる。六年で卒業できるほうが少数派の大学も珍しくない。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

名医ランキングというものは必ずしもあてにならない!?

時々週刊誌などで紹介されている名医ランキングには、よく有名大学の主任教授や大病院の院長、部長といった

記事を読む

no image

研究論文の発表の場でこだましたあってはならないセリフ

・学会でこだました、あってはならないあるセリフ これまで、できるかぎり晴れがましい場は避けてき

記事を読む

no image

理想の医師とそうでない人-分かりやすい例を挙げて善し悪しを紹介

横柄で傲慢でイバってばかりいる医者は、本当に良い医者とはいえない。聞かれもしないのに手術は99%成功

記事を読む

no image

麻薬の払い出しのオキテ

払い出しとは、入院病棟用に薬剤を一定量ストックしておくために、定期的に薬剤部から出庫してもらうことを

記事を読む

no image

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死か

記事を読む

no image

注目されている地域医療や総合診療など

注目されている、地域医療や総合診療。人間を個別の臓器に分けて診るという対応から、人間全体を診ていこう

記事を読む

no image

病院の受診時に注意したいボディースーツの着用について

ボディースーツは、特に40代の女性に好まれるようです。美味しいモノを我慢するのもイヤ、ハアハアいいな

記事を読む

no image

医師の紹介状があるかないかで料金が違うことがある-用語集

・紹介状 紹介状があるかないかで料金が違うことが多い。大学病院によっては、紹介状がないと診察し

記事を読む

no image

暗記数学の最終ステップである試行力が必須

精神的なことや家族の事情なども含めて、一人ひとりが違うから、同じ病気でも、相手に応じた治療方針を出す

記事を読む

no image

私が精神科を選んだ理由

私が精神科を選んだのは、同じように学校に出なかった連中ほど厚かましいわけではなく、情報がなかったから

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑