実習をやっていない人間が外科医になるのは現代の怪なのか

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

よく、頭でっかちの医者は患者さんの心がわからないなどと言われる。「解剖のテストは満点だが、実習をやっていない人間が外科医になるのは、現代の怪だ」と断じた評論家がいた。しかし、実習はサボっていたが解剖のテストで満点の外科医と、実習をまじめに受けていたが解剖のテストは赤点という医者であれば、テストの点のいい医者のほうが安全である。

受験生にとっては、全力を尽くし、合格を勝ち取ることが先決であるが、医学部に入ってから何を学ぶべきかを考えることはけっして無意味なことではない。それを考えていない医学部生が多すぎる。

解剖実習というのは、メスの使い方を練習するために行うのではなく、人体の内臓の配置を覚えるために行うもの。その証拠に、アメリカでは人体を使わずに、模型やCGを使って解剖実習を行っている。

何のために解剖を学ぶかというのは

何のために解剖を学ぶかというのは、とくに外科医にとっては重要なこと。画像診断が発達して、とりたいがんがどこにあるかがわかっているとしても、そこに届くまでの間に、なるべく重要な血管や神経を傷つけたくない。そのために解剖の知識が必要なのである。

死体とはいえ人体にメスを入れるというのは、儀式的な意味はあるだろう。これで、医者になるんだという自覚を促す効果はあるようだし、実際、これがいやで医学部をやめる人さえいる。しかし、本来の目的を忘れるのはまずい。

薬を使うにしても、何に効き、どんな副作用があるかという知識は、もちろん必須。知識のレベルが高い医者なら、どんな薬と相互作用があって、飲み合わせがいいとか悪いとかがわかるだろう。さらに薬理学や生理学の知識があれば、だいたいの薬効や副作用が予想できることにもなる。要するに、医者というのは、医学の知識はあるに越したことはない。いくら優しい、人を思う気持ちがあっても、知識がなければ人の命や体を救うことはできない。いくら手先が器用でも、知識がなければ手術はできないのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医学専門誌ならではの広告

・医学専門誌ならではの広告とは どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医

記事を読む

no image

海苔の食べすぎで結石が出たある医師の話

近所に住むYさん(70歳)が、隅田川近くの市中病院によく駆け込むようになったのは1年ほど前から。彼の

記事を読む

no image

医者のコミュニケーション能力の欠如の問題

手術などがうまくいった場合は、「口下手だけど、腕のいい医者」ですむことも珍しくない。しかし、手術など

記事を読む

no image

3分診療のカラクリ-ある医師の話を例に説明

~大病院の三分診療のカラクリ~ 三時間待ちの一三分診療を受ける患者さんの腹立たしさはよく分かっ

記事を読む

no image

看護婦が医者の昇進を左右-うまく付き合っていかないと生きていけない

国公立の大学病院では研修医は先輩から放っておかれ、自分で経験を積んで覚えていかなければならない。だか

記事を読む

no image

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉が嫌いですという医師もいるようです。お稽古ごと

記事を読む

no image

製薬会社の営業マンの仕込み

大学病院とはいえ、昼下がりともなると外来の患者も少なく閑散としていた。学生時代の友人が卵巣膿腫で入院

記事を読む

no image

主治医が見つかる方法-必ず紹介状をもらうようにする

~上手に主治医を決める方法~ 専門医にかかりたい場合も、かかりたい理由を言って、必ず紹介状をも

記事を読む

no image

後期高齢者医療制度導入の問題

二〇〇八年度最大の医学関連のニュースは、おそらくは後期高齢者医療制度の導入問題だろう。つまり、これは

記事を読む

no image

妊娠後の死産を増やすある産婦人科の話

地方都市の近郊にある土着の病院で、親子代々がお産するので有名だった。先代の死後、二流私大を出た息子が

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑