女医でプライドのかたまりのような人は嫌われるらしい

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

女医のいいところは、患者に対してまめに接し、細かい点まで目が行き届いて治療もていねいだということ。しかし、女医はすぐに感情に走ってしまうこともよくある。看護婦に向かって感情をむき出しにして怒っている光景をよく見かけるようだ。

「わたしのいうとおりに定期的に血圧を測ってないから、脈の乱れがわからなかったんじゃないの。もし手遅れになったら、あなたのせいよ」看護婦も負けずに「でも先生が、気がついた時に診ればいいのよ、なんていったからじゃないですか」そんな揉め事が、病棟ではよく起こるようだ。

悪いところというと、たとえば患者からよく聞く言葉に、女医さんだと、もう一つ信用できません。最初は女医さんのほうが色っぽくていいかと思ったんだけど、こちらは仕事もあるし早く治したい。だから女医さんのところには、もう行かないというのがある。治療が手ぬるい感じで、男の先生だと少々強い薬でも平気で出すのに、女医さんは治りが遅くても安全第一で、効いているのかわからないような薬を出すようだ。中には評判のいい人もいるが、患者のほうがいま一つ信頼していないふしがあるのだ。

昔から女性の進出が多かった医者の世界だが

ほかの職業に比べて、昔から女性の進出が多かった医者の世界だが、最近は特に増える傾向にある。女医が多いのは眼科と産婦人科である。産婦人科は女性を相手にする科だから、体のことだって男性の医師よりは女医のほうがわかる、と単純に思う患者の身になってみても、女医のほうが安心して診てもらえるのではないか。

また、眼科は臨床医の中でもわりと生々しくないというか、スマートな医療活動ができる科なので、女医が多いのかもしれない。いわゆる、ものもらいや結膜炎などは投薬で完治する。網膜剥離だと手術は難しく完治の期待も低いが、それ以外なら手術すれば治る病気がほとんどだ。

かなり進行した悪性の角膜潰瘍でも、それが死につながるわけではない。ただ失明するだけだ。眼科を希望する女性が多いのは、ほかの科のように悪性疾患による死亡がないからだ。また、眼科は比較的病気の種類が少なく、治療がラクなものが多い。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者の紹介状の力-回復しない症状が回復したある例

紹介状に秘められた力というものがあるのをご存知だろうか。紹介状を持たない患者に対しては、大病院では流

記事を読む

no image

医者の付け届けの相場を知らない人へイタズラをした話

U氏は広告代理店に勤める41歳。明るくて茶目っ気たっぷりのキャラクターだが、仕事のムリがたたって、十

記事を読む

no image

医者は人間性が要求されることと医学研究を続けていくことの二律背反

普通の会社組織では、仕事ができればいい、会社の発展に貢献できればいいということになろうが、医者の場合

記事を読む

no image

地方の医学部の問題

都会の学校から地方の医学部に入学した人は、卒業した後、その地元の大学病院や医局に残ったり、あるいは地

記事を読む

no image

看護師の現状-退職願を出しても止められない時代となった

あくまでも看護師は医者のもとで、医療補助的役目をするに留まっている。それだけに、医者への不満、自分の

記事を読む

no image

病院選び-いい医者と悪い医者の分かりやすい見分け方

病気の種類と程度によって、治療方法は二つに大別される。もちろん、痛くて我慢できないなら手術を受けた方

記事を読む

no image

必要な薬以外に、飲んではいけない薬は存在するの?

肝炎などの肝障害の治療には、栄養を多く与え、十分なビタミン剤を投与することがよいと考えられています。

記事を読む

no image

産婦人科の先生が転職する際に利用したい会社

産婦人科の先生が転職を考える場合、求人を探すのはけっこう大変です。産婦人科であれば求人がすぐに見つか

記事を読む

no image

大学病院の役職などの仕組み-医局の大きさはまちまち

旧国立一期の大学の付属病院だと、内科だけでも第一内科から第四内科まで医局があったり、私立だと専門の分

記事を読む

no image

病院で名前の呼び出しがされるときの勘違いや間違い

病院では、同じ名字の患者さんはいっぱいいますから、たいていは、診察をお待ちの鈴木スズさん、鈴木さん。

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑